インタビュー・体験談

東大卒がプノンペンの路上で起業!?有言実行で売るチキン

はる虎さんの場所時間のチラシ

カンボジアのシェムリアップからバスで約8時間ほどかけてたどり着いたのは、カンボジアの首都、プノンペン。私はこのプノンペンでどうしても食べたい”屋台のチキン”があり、その場所を尋ねました。

私がこの屋台を知ったのはTwitterがきっかけでした。『はる虎/東大でて屋台中@カンボジア』(@ToraNotes)というアカウントは私の個人的なアカウントのタイムラインにも、そして当メディアのアカウントのタイムラインにもよく登場をしていて、”たくさんの人から応援され続ける”そんな印象のアカウントでした。

たくさんの方々から応援され、Twitter上で様々なことを発信している彼女の売るチキンを食べてみたいと思うようになりました。そしてやってきたカンボジアに行くチャンス。これは行かない手はない、と思って早速屋台を尋ねることにしました。

はる虎さんが工夫を凝らすプライスカード

プノンペンで屋台やってる”エリート”

はる虎さん、その経歴が凄いんです。「英語話せず→高校成績世界No.1→東大→理転→ブロックチェーン起業→失敗→ケンブリッジMBA在学中/ 在学しながらカンボジアでひとり屋台」(Twitterの自己紹介欄より)。まさに挑戦を続けるエリート、そんな彼女が選んだ次の挑戦が、”カンボジアで屋台”でした。

はる虎さんの屋台は、Tuol Tompoung Market、通称ロシアンマーケット付近にあり、観光客や地元の人で溢れかえってました。たくさんの人々、車、トゥクトゥクが行きかうそんな路上に、はる虎さんの屋台はありました。

私が行ったのが少し早かったのもあって、屋台を運び、食材を準備して~という過程もみさせてもらうことができました。パートナーのカンボジア人の方とてきぱきと準備をされていて、あっという間にチキンが焼かれ始めました。

カンボジアで売るための工夫

はる虎さんは、どのようにすれば売れるのか、日々試行錯誤されているそうで、それは価格の変化からプライスカードの表示の仕方まで、少しの変化で売り上げが変わるのだとか。トライを繰り返すことで、見えてくる最適解があるのでしょう。現場に立って売り続けるからこそ分かることがあります。

しっかり味のしみ込んだ、出来立てのチキン

私が今回注文したのは、チキンのもも肉です。私が伺ったときは2種類のメニューがあり、その日は手羽先ともも肉があるということでした。お肉を焼く匂いでまずやられてしまいます。待っている間、お腹がどんどん減っていきました。

焼きあがって7000リエルを支払ってチキンを受け取りました。7000リエルは大体日本円で200円しないくらいです。日本であの大きさのチキンを200円以内で食べるのは難しいかなと思います。

いよいよ実食。これが本当に美味しかったんです!帰りのトゥクトゥクの中で食べさせていただいたのですが、思わず「うまい!」声に出てしまうくらいに美味しかったです。

はる虎さんの屋台で購入したチキン

チキンを買うことでできる応援、得られる学び

はる虎さんの頑張りはTwitterを通して世界中どこからでも見ることができますし、応援のメッセージを送ることもできます。そしてそんな彼女の発信からはたくさんの学びがあります。はる虎さんはカンボジアでチキンを売り、世界中に学びを届けています。

応援したくなる

はる虎さんすごいところ、それは応援せずにはいられないということだと思います。実際に会ってチキンをいただいて、はやくTwitterで拡散したい!記事にして力になりたい!と思いました。

それはTwitter上でもそうで、はる虎さんのツイートに対するリプライはいつも温かいものが多いです。新しいことに挑戦し続けるはる虎さんの背中を押したいと思ってしまうのでしょうね。

チキンを焼いているはる虎さん

受け取ったのは美味しいチキンと…

後日、実際にはる虎さんのチキンをいただいたことをツイートしました。するとはる虎さん本人から反応が。来てもらってありがとうという旨に加えていただいたことばが

「有言実行は本当に勇気を与える」

チキンに加えて、このような言葉までいただきました。日頃自分が有言実行できているのかはわかりませんが、有言実行で頑張っていかなきゃなという気持ちになりました!

最後に

プノンペンに行った際は立ち寄るべきなスポットであるのは間違いありません。はる虎さんは今後屋台の引継ぎを考えられているそうですが、どちらにせよ今後もはる虎さんの想いの詰まった屋台が残っていくことでしょう。

プノンペンに行った際は是非行ってみることをおススメします!

住所:No.209 , St.163 , Phnom Penh 12311
Tuol Tompoung Market、通称ロシアンマーケット付近
営業時間:月曜日~日曜日 17:00~20:30

はる虎さんの場所時間のチラシ


関連記事

  1. ベトナム・ホーチミンの現地向け幼稚園で通じないベトナム語に囲まれてのインターンシップ体験記 ベトナム・ホーチミンの現地向け幼稚園で通じないベトナム語に囲まれ…
  2. 子供たちと一緒にいる曽根原さん 人にはそれぞれ必ず輝く部分がある…ケニアでシンナー依存の子供たち…
  3. オーストラリア・ブリスベンの旅行会社でのインターンを通じて自ら働きかけ続ける重要性に気付いたヨシさん オーストラリア・ブリスベンの旅行会社でのインターンを通じて自ら働…
  4. Webコーディング&英語研修 in ベトナム Vol.2…
  5. Webコーディング&英語研修 in ベトナム Vol.1…
  6. 御手洗日菜さんのインタビュー動画サムネイル ランダムカードインタビュー~海外インターンシップ経験者インタビュ…
  7. Webコーディング&英語研修レポート in ベトナム V…
  8. こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!1…

特選インタビュー

ホーチミンの像の前に立つ大塚さん 海外インターンで本当に人生が変わった…!短期インターン参加の2年後再び長期インターンでベトナムに戻った男

今回お話をきいたのは、鹿児島大学法文学部経済情報学科4年の大塚圭さんです。大塚さんは、201…

こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!15歳の女子高生がトビタテ留学JAPANを利用して、アフリカの病院に勤務!

今回お話を聞いたのは、河埜 華帆(こうの はなほ)さんです。千葉県に住んでいる、15歳の高校…

求めたのはより”厳しい”環境。ベトナムでの短期インターンシップで、困難を乗り越えて学んだこととは!?

今回は、夏休みを利用してベトナム短期インターンシップ、「グロキャン」に参加をした大学3年生にお話しを…

アフリカに勤務!トビタテ留学JAPANを利用してザンビアとケニアの病院で働いた女子医学生

今回はアフリカ、ケニアとザンビアの病院でインターンシップを経験した医学生を取材しました。なぜアフリカ…

短期海外インターンシップで“スタート地点”へ。北海道の大学1年生が初めて尽くしのインターンシップを通して見据えた未来

今回は大学1年生にしてベトナムでの海外インターンシップを経験した、三浦さんからお話しを聞かせていただ…

後悔しない!海外インターンの選び方

新着インタビュー

  1. こんなはずでは・・・3週間の過酷なインターンシップの経験を就職活動に結びつけた体験談
  2. イギリスの物流企業での長期インターンの経験後、日本の企業2社から内定をもらえたキキさん
  3. フィリピン・セブで子ども支援のインターンで学んだこと、そして専門商社から内定を獲得するまで
  4. 社会人になってからベトナムのホテルに飛び込んだ一歩から人生が大きく変わったMさん
  5. アメリカでの洗礼から学んだ「Why Not」の精神で切り開いていったかなさんのインターンシップ・留学体験談

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報をチェック!

PAGE TOP