体験談

Webコーディング&英語研修 in ベトナム Vol.1 -参加のきっかけ-

はじめまして、名古屋でデザイナーをしているEmiriと申します。つい先日まで1ヶ月間、ベトナム・ホーチミンでWebコーディングと英会話を学んできました!本当にいろいろあった1ヶ月でしたが、今回はそのきっかけと経緯についてお話ししたいと思います。

きっかけはWeb業界への転職

私は現在社会人2年目で、大学卒業後、広告系のデザイン会社で働いていたのですが、実は数ヶ月前にその会社をやめました。理由はいろいろあるのですが(笑)、その一つとして「どうしてもここに入りたい!」と思う会社が見つかったからです。

幸運にも退職後すぐ、そこでアルバイトとして働く機会をいただきました。しかし、同じデザイン会社ではあるものの、そこで主に扱っているのはWeb。Webページを作るためには見た目のデザインはもちろん、Webページとして動作させるためのプログラミングが必要です。

プログラミングをするためにはコードを書く(=コーディングをする)必要があります。Webの場合、基本構造を決めるためのHTML、見た目を整えるためのCSS、動きをつけるためのJavascriptなんかがそれ。私の場合、中学や高校でさわり程度にHTMLを学んだ程度で、当初は「CSSって何?」「Javascriptって何?」というような状態でした。

Webの仕事では、デザインとプログラミングを分業で行う場合も多く、私の会社もそうなのですが、デザイナーと言えどWebデザインをする上で、プログラミングの知識がある程度は必要になってきます。

ベトナムではITが盛ん?

ベトナムjの街角

話は変わって、私は元々最初の会社をやめたら1ヶ月程度の英語留学をしたいな〜と思っていました。仕事とはあまり関係なく、「旅行でいろんな国に行ってみたい、そのためには英語が必要だ!」と思っていたのと、テレビで「1ヶ月10万円程度の安価な授業料&宿泊費で英語を学べる国がある!」と知ったこと、また、「正社員として働いているうちはなかなか留学なんてできないからこういう機会に!」というのが主な理由です。

はじめ、テレビで見たフィジーへの留学を考えていたのですが、新しい会社でアルバイトをするうちに、つい最近、社長の友人が、ベトナムでWebコーディングの研修プログラムを始めたという噂を耳にしました。新しい会社は名古屋本社の他にベトナム支社を持っているなど、いろいろベトナムとのつながりがあるようです。

「なぜベトナム?」と思われる方が多いと思いますが、私もその一人でした。笑 ベトナムには発展途上国だというイメージを持つ方が多いと思いますが、実はIT産業がかなり発達しているらしいのです。さらに、ベトナムもフィジーと同じように物価が安いため、コーディング研修費&宿泊費合わせて10万円程度。現地に英会話学校もあるので英会話も安く学べるらしい!

ベトナムに行くという選択肢は考えてもみなかったのでどんな国なのかよく知りませんでしたが、「英語だけじゃなくコーディングも同時に学べるならこんな機会はない!」と思い、ベトナム行きを決めました。

次回に続きます

※Emiriさんが参加したプログラムの詳細はこちら!

関連記事

  1. カンボジアのリバーサイドのカフェで 参加者の声 ~“くノ一” in SFC(カンボジア編・2014年…
  2. Webコーディング&英語研修 in ベトナム Vol.2…
  3. カンボジア出国前ドタバタ準備編! ~しまむーカンボジア武者修行日…
  4. @Sakuraa (I) Corporation Office 日本とインドの架け橋インターン@インド・バンガロール―vol. …
  5. マネジャー不在?のホーチミンカフェインターンが始まった!
  6. 私が海外インターンに参加したきっかけ~しまむーカンボジア武者修業…
  7. ホーチミンのスタートアップのカフェでのインターン記
  8. ベトナムの様子 インターン体験記~ベトナム生活スタート編~

ピックアップ

写真奥、右から2番目が大島さんです。 日本での内定を断り、本当に興味がある海外×教育事業に携わるためにベトナムへ

スマイル幼稚園でマネージャーを務める大島多希也にお話を伺いました。学生時代の活動から、新卒でベトナム…

水上人形劇の取材に来た佐藤さん 「根拠のない自信」はベトナムで身につけろ! 〜100日のインターン体験で得たもの〜

ベトナムで100日間インターンをしていた獨協大学出身の佐藤剛さんにインタビューさせていただきました。…

東京での勤務の後にベトナム・ホーチミン市でインターンシップを行う真栄城美里さん

今回は東京での勤務の後にベトナム・ホーチミン市でインターンシップを行う真栄城美里さんにインタビューを…

ピックアップ記事

  1. 写真奥、右から2番目が大島さんです。
  2. 水上人形劇の取材に来た佐藤さん

おすすめ記事

  1. 日本での内定を断り、本当に興味がある海外×教育事業に携わるためにベトナムへ 写真奥、右から2番目が大島さんです。
  2. 「根拠のない自信」はベトナムで身につけろ! 〜100日のインターン体験で得たもの〜 水上人形劇の取材に来た佐藤さん
  3. 東京での勤務の後にベトナム・ホーチミン市でインターンシップを行う真栄城美里さん
PAGE TOP