インタビュー・体験談

イラン生活日記~私が惚れた場所~

エスファハーンの正面からの写真

今回は私が初めてイランに行って、何よりイランに惚れ込んだ都市

イスファハンを紹介します。

かつての首都、イスファハン

イスファハーン

イランといえば、大昔はペルシャ帝国と呼ばれ栄華を極め、歴史は何千年と世界の中でも歴史の深い国です。

その中でも16,17世紀には世界の半分の物が集まってくるといわれ、「世界の半分」と呼ばれていた場所がイスファハンです。

このように言われた由縁は、イスファハンは世界中と交易を行い、 バザールに世界各国の品物が並んでいたためです。今でもバザールには多くの品物が並んでいます。

イランで様々なものが売られているイマーム広場

イスファハンはかつてはイランの首都でした。

日本の感覚だと、京都みたいな。

イマーム広場

イスファハンにはイマーム広場と呼ばれる広場があります。イマーム広場を中心に、その周りにはペルシャ・イスラム建築のモスクや宮殿、バザールが並んでいます。

 

そして何より、私が大好きな場所はイマーム広場です。

 

夜になると、鮮やかにライトが照らされて壮大な景色になります。

昼のイマーム広場も良いですが、夜のイマーム広場はまた違う一面を見ることができ、私は夜の方が断然好きです。

美しさは力を持つということを体感することができます。

 

ここで夜遅くまでイラン人はピクニックをしています。私はひたすらその景色を眺めて過ごしています。

 

イマーム広場の周りにあるバザールも見応えがあります。

周りのバーザールを回るには約2時間かかり、さらにちゃんと見て回るなら1日はかかる大きさです。

日本では見れないようなデザインのものが多く売られています。

バザールで並んでいる品物

ここが何より好きな場所であり、イランにマイナスなイメージをもつ人達に教えたいイランの一面です。

素敵なところです。

 

私はここを超える景色に出逢える気がしません。

 

何回でも行ける、また行きたいといつも思います。

最後に

イランを観光するにはまずここに行って欲しいですし、昼間のイランはみんな寝てて、夜になるとみんな外に出てきて昼よりも活気がある場合が多いです。

そのため、どの場所でも(危なくないところで)夜に出歩くと良いかもしれません。

関連記事

  1. こんなはずでは・・・3週間の過酷なインターンシップの経験を就職活動に結びつけた体験談 こんなはずでは・・・という3週間の過酷なインターンシップの経験を…
  2. 東京での勤務の後にベトナム・ホーチミン市でインターンシップを行う…
  3. 社会人になってからベトナムのホテルに飛び込んだ一歩から人生が大きく変わったMさん 社会人になってからベトナムのホテルに飛び込んだ一歩から人生が大き…
  4. 短期海外インターンシップで“スタート地点”へ。北海道の大学1年生…
  5. オーストラリア・ブリスベンの旅行会社でのインターンを通じて自ら働きかけ続ける重要性に気付いたヨシさん オーストラリア・ブリスベンの旅行会社でのインターンを通じて自ら働…
  6. Webコーディング&英語研修 in ベトナム Vol.2…
  7. 写真奥、右から2番目が大島さんです。 日本での内定を断り、本当に興味がある海外×教育事業に携わるために…
  8. インターン先はIAEA。国際機関で働くとは!?元文系大学生が理転…

特選インタビュー

ホーチミンの像の前に立つ大塚さん 海外インターンで本当に人生が変わった…!短期インターン参加の2年後再び長期インターンでベトナムに戻った男

今回お話をきいたのは、鹿児島大学法文学部経済情報学科4年の大塚圭さんです。大塚さんは、201…

こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!15歳の女子高生がトビタテ留学JAPANを利用して、アフリカの病院に勤務!

今回お話を聞いたのは、河埜 華帆(こうの はなほ)さんです。千葉県に住んでいる、15歳の高校…

求めたのはより”厳しい”環境。ベトナムでの短期インターンシップで、困難を乗り越えて学んだこととは!?

今回は、夏休みを利用してベトナム短期インターンシップ、「グロキャン」に参加をした大学3年生にお話しを…

アフリカに勤務!トビタテ留学JAPANを利用してザンビアとケニアの病院で働いた女子医学生

今回はアフリカ、ケニアとザンビアの病院でインターンシップを経験した医学生を取材しました。なぜアフリカ…

短期海外インターンシップで“スタート地点”へ。北海道の大学1年生が初めて尽くしのインターンシップを通して見据えた未来

今回は大学1年生にしてベトナムでの海外インターンシップを経験した、三浦さんからお話しを聞かせていただ…

後悔しない!海外インターンの選び方

新着インタビュー

  1. 海外インターンはやりたくなかった、から始まるインターンを通じた価値観の変化とは一体?
  2. こんなはずでは・・・3週間の過酷なインターンシップの経験を就職活動に結びつけた体験談
  3. イギリスの物流企業での長期インターンの経験後、日本の企業2社から内定をもらえたキキさん
  4. フィリピン・セブで子ども支援のインターンで学んだこと、そして専門商社から内定を獲得するまで
  5. 社会人になってからベトナムのホテルに飛び込んだ一歩から人生が大きく変わったMさん

Twitterで最新情報をゲット

Facebookはこちら!

PAGE TOP