海外就職・生活

ドイツ留学日記③〜ビビリな理系大学生が長期留学してみた〜

ドイツ国旗

1月も終わり頃なんですが笑、あけましておめでとうございます!藤本です。
皆さん、年越しはゆっくりできたでしょうか??
私は初めて海外で新年を迎えました!!
今回はドイツでのクリスマスと年越しの様子を紹介したいと思います。

ドイツのクリスマス

藤本さんが体験した、ドイツのクリスマス

ドイツはクリスマスマーケットで有名なように、クリスマスにものすごく力を入れています。日本人からするとびっくりするくらい。始まりは11月に入った頃、お店の装飾がクリスマス一色になります。

もう!?って感じですよね。笑アドベントカレンダーなどのクリスマス向けのお菓子も売られ始めるので、気合いの入れ方は十二分です。

12月に入ると各地でクリスマスマーケットが行われます。日本の夏祭りのようにたくさん屋台が出ているんですが、木の小さなお店が並んでいるので見た目も可愛いです!各地のマーケット、それぞれ違いはあるのか?と言われると、正直売られている食べ物や雑貨はそんなに変わらないと思います。笑

各地で違う!?マグカップと景色

藤本さんが体験した、ドイツのクリスマス

でも、マグカップと景色は各地で違います!!

まずマグカップについてですが、ドイツのクリスマスマーケットでは グリューワインというものが売られています。これは ワインに甘味と香辛料を入れて温めたもの らしいです!

このグリューワインの入っているマグカップの絵柄が各地、さらには同じ町でもいくつかマーケットが分かれているので、それぞれ異なるのです!! 形も色んなものがあって可愛いので、集めたくなりました…。 私はアーヘンという所の赤いマグカップを持っています!

そして景色についてですが、それぞれのマーケットに目玉としているものがあります。例えば、ドルトムントというサッカーで有名な町では巨大なクリスマスツリー、ケルンでは世界遺産のケルン大聖堂の近くにマーケットが開かれています。現地のドイツ人の多くに、アーヘンをオススメされて行ってみると、確かにイルミネーションがとても綺麗でした!!

激しすぎる…ドイツの年越し

ドイツの綺麗なお城

続いて、年越しについてなんですが…。

まず、ドイツではクリスマスとお正月の認識が日本と反対になっていると思ってもらいたいです。クリスマスは家族でゆっくり過ごし、お正月は友達とわいわい過ごす、という感じです!

そして、私は年越しを首都ベルリンで過ごしました。 実は、ベルリンについて調べると、カウントダウンが世界で一番激しい と言われていると知ったので、年末年始に行ってみたのです!笑

激しい、ってどういうことやろ…って思っていましたが、行ってみると分かりました。

道端で急にあがるのは○○!?

たくさんの花火があがるドイツ

ドイツでは年末年始だけ花火の打ち上げが許されるそうなので、みんなあちこちで上げまくっていたのです!ほんとに道端で急に花火が上がるのでびっくりしました。笑ねずみ花火のようなものもあって、当たりそうな時もありました…。

ブランデンブルク門という場所ではカウントダウンライブがあったので、そこに向かいました。本当にすごい人の数で、カウントダウンの4時間前には着いたんですが、荷物チェックが何回もされるのでなかなか中心まで辿り着けませんでした…。

クリスマスマーケットのように屋台が出ていて、ご飯を食べながらカウントダウンを待ちました。あっという間に23:59になり、その場にいる全員でカウントダウンし、その瞬間大きな打ち上げ花火が何発も上がりました。

たまたま私達は花火のすぐ近くにいたので、とても綺麗でした!!!こんな賑やかなお正月を初めて友達と過ごしたので、非日常感を味わえました〜!

さいごに

いかがでしたか?
ドイツの年末年始はこんな感じでした!
海外に長期滞在すると、いろんな行事を体験できるので、そこも醍醐味だと思います!
最後まで読んでくださりありがとうございました〜

関連記事

  1. カンボジアのイオンの店内。日本の食材も揃います。 なぜ、学生はインターンなどで海外で働く経験をすることで未来が開か…
  2. ニュージーランドの海を見つめる本田さん NZ留学を終えて
  3. シンガポールのマリーナベイサンズ 実はこんなに大きい東南アジアのポテンシャル
  4. 海外の夜景 リクルートやユニクロが主催する海外インターンシッププログラムとは…
  5. インドネシア・ジャカルタの日本人街「ブロックM」。夜は多くの日本人で賑わう。 海外在住の日本人の種類とそれぞれの暮らしを考える
  6. 短期インターンシップ、中期インターンシップ、長期インターンシップの特徴 参加理由は人それぞれ。期間別にみた、海外インターンシップの参加理…
  7. 親子 両親を説得するためにすべきことはすべて自分のため!!留学・海外イ…
  8. 世界に出れば誰もが日本代表 海外で働くということは日本代表になることである

特選インタビュー

ドイツ国旗 ドイツ留学日記~ビビリな理系大学生が長期留学してみた~

みなさん、はじめまして!私は大阪府立大学 生命環境科学域 3年の藤本梓です。今ドイツで長期交換留学中…

こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!15歳の女子高生がトビタテ留学JAPANを利用して、アフリカの病院に勤務!

今回お話を聞いたのは、河埜 華帆(こうの はなほ)さんです。千葉県に住んでいる、15歳の高校…

「イランは凄く良いところです!」と語ってくれたトビタテ留学JAPANを活用してイランで働く女子大生

大学の研修で出会った中東、イラン今回は、中東のイランという地で、語学学校に通いながらインターンシ…

行ってみたら仕事が無かった…ガーナで経験した困難、そしてそこからの挑戦

今回はガーナの村で生活をしながらインターンシップを行っている大学生、梅村さんにお話しを伺いました。…

求めたのはより”厳しい”環境。ベトナムでの短期インターンシップで、困難を乗り越えて学んだこととは!?

今回は、夏休みを利用してベトナム短期インターンシップ、「グロキャン」に参加をした大学3年生にお話しを…

後悔しない!海外インターンの選び方

新着インタビュー

  1. シンガポールでインターンシップをした櫻井さん
  2. インドのバンガロールでインターンシップをした高本さんとその小学校の生徒
  3. 坂田さんと友達の写真
  4. ポンディシェリという元フランス統治下の街に行ったとき
  5. インドネシアの学校で習字インドネシアの学校で習字を教わる様子を教わる様子

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報をチェック!

PAGE TOP