インタビュー・体験談

ベトナム・ホーチミンの現地向け幼稚園で通じないベトナム語に囲まれてのインターンシップ体験記

ベトナム・ホーチミンの現地向け幼稚園で通じないベトナム語に囲まれてのインターンシップ体験記

今回インタビューを受けていただいたのは、筑波大学二年の稲留佳帆さん。

ベトナムのホーチミンにあるスマイル幼稚園でのインターン三日目に、インターンに来るまでの経緯、インターンの感想、残りのインターン期間のビジョンをお伺いしました。

ベトナム・ホーチミンの現地向け幼稚園で通じないベトナム語に囲まれてのインターンシップ体験記

Q1. 自己紹介をお願いします。

A1. 筑波大学二年の稲留佳帆です。

Q2.今回、インターンに来ようと思ったきっかけは何ですか。

A2.去年(2017年)夏に筑波大学のプログラムで、ベトナムの大学生とホーチミンで三週間、交流学習をしました。それがとても楽しい時間だったので、もう一度ベトナムに来られる方法を探しているうちに海外インターンがあることを知りました。

Q3.インターン先として、スマイル幼稚園を選んだ理由は何ですか。

A3.教育という分野に興味があり、以前クラシックバレエを習っていた際には、バレエの先生になりたいと思っていたし、今は大学で教職課程の授業を取っています。将来、教師になるかは定かではないですが、人に物事を教えるのが好きで、子どもも好きなので、このインターン先を選びました。

Q4.ベトナムでのインターンに際して、不安はありませんでしたか。

A4.不安はもちろんありましたが、楽しみだと思う気持ちが勝っていました。私自身は、先が見えない・分からないという状況にワクワクするタイプです。それに加えて、去年の夏にベトナムに来たことがあり、これまでに海外旅行の経験があったことが大きいと思います。

Q5. これまでの業務内容はどのようなものでしたか。

A5. スマイル幼稚園の先生たちのお手伝いが、主な仕事です。

Q6.働いてみて、苦労している点はありますか。

A6.まだ、仕事に慣れていないこともあって、大変なことがたくさんあります。

園児たちとコミュニケーションが取りたいけれど、子どもたちは日本語が分からないし、私はベトナム語が分からず、共通言語がない状態です。また、先生たちをサポートしているつもりが、的外れなことをし、本当に手伝うべき点には気付けなくて、悔しい思いもしました。昨日までのそのような反省を踏まえて、今日は少し先生の求めていることを察して動けたかなと思います。

Q7.業務の中で、喜びを感じる瞬間はありますか。

A7.先ほど、園児たちと言葉が通じないと言いましたが、それでもジェスチャーや表情で意思疎通を図れた瞬間や、笑顔で接すると笑顔を返してくれる瞬間は、とても嬉しいです。

Q8.ベトナムという国の印象はいかがですか。

A8.とにかく、人が優しいなと感じています。例えば、屋台で食べ物を売っているおばさんが、私にベトナム語が通じないと分かって、わざわざ食べ物を示しながら、料理の説明をしてくれたことが印象的でした。

Q9.カルチャーショックを感じることはありませんでしたか。

A9.バイクの量や衛生面など、日本とは状況が違うことは多々あります。でも、日本では体験できないことを味わっているのだと思うと、楽しく感じられます。

Q10. インターンに参加して良かったと思うことは?

A10.日本にいるだけでは出会えない人々と交流できるのが良い点です。今日までにもベトナムに来ている日本人の方とお話する機会を持たせて頂きました。その内の一人の方が、若いって武器だよ、と教えてくれましたのが印象的でした。ホーチミンに若い日本人がそう多くない現状の中で、私が来ていることを喜んで、そんな言葉を掛けてくれたのだと思います。

Q11.インターンの経験を今後どう生かしたいというビジョンはありますか。

A11.まだ明確なビジョンはありませんが、海外インターンをしたという事実が、今後の自信に繋がると思います。インターンで頑張った姿勢を誇れるように、残りのインターンも頑張りたいと思います。

関連記事

  1. 管理栄養士を目指す学生が、専門の関係ないベトナム短期インターンシ…
  2. 短期海外インターンシップで“スタート地点”へ。北海道の大学1年生…
  3. ボリビア人の少女と赤井さん 南米で”食”を通じて雇用を創出したい!ボリビアに楽器を使ったボラ…
  4. ホーチミンの像の前に立つ大塚さん 海外インターンで本当に人生が変わった…!短期インターン参加の2年…
  5. アメリカでの洗礼から学んだ「Why Not」の精神で切り開いていったかなさんのインターンシップ・留学体験談 アメリカでの洗礼から学んだ「Why Not」の精神で切り開いてい…
  6. ドイツ国旗 ドイツ留学日記③〜ビビリな理系大学生が長期留学してみた〜
  7. こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!1…
  8. ポンディシェリという元フランス統治下の街に行ったとき トビタテ留学JAPANの制度を利用して、インドとパラグアイでイン…

特選インタビュー

ホーチミンの像の前に立つ大塚さん 海外インターンで本当に人生が変わった…!短期インターン参加の2年後再び長期インターンでベトナムに戻った男

今回お話をきいたのは、鹿児島大学法文学部経済情報学科4年の大塚圭さんです。大塚さんは、201…

こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!15歳の女子高生がトビタテ留学JAPANを利用して、アフリカの病院に勤務!

今回お話を聞いたのは、河埜 華帆(こうの はなほ)さんです。千葉県に住んでいる、15歳の高校…

求めたのはより”厳しい”環境。ベトナムでの短期インターンシップで、困難を乗り越えて学んだこととは!?

今回は、夏休みを利用してベトナム短期インターンシップ、「グロキャン」に参加をした大学3年生にお話しを…

アフリカに勤務!トビタテ留学JAPANを利用してザンビアとケニアの病院で働いた女子医学生

今回はアフリカ、ケニアとザンビアの病院でインターンシップを経験した医学生を取材しました。なぜアフリカ…

短期海外インターンシップで“スタート地点”へ。北海道の大学1年生が初めて尽くしのインターンシップを通して見据えた未来

今回は大学1年生にしてベトナムでの海外インターンシップを経験した、三浦さんからお話しを聞かせていただ…

後悔しない!海外インターンの選び方

新着インタビュー

  1. こんなはずでは・・・3週間の過酷なインターンシップの経験を就職活動に結びつけた体験談
  2. イギリスの物流企業での長期インターンの経験後、日本の企業2社から内定をもらえたキキさん
  3. フィリピン・セブで子ども支援のインターンで学んだこと、そして専門商社から内定を獲得するまで
  4. 社会人になってからベトナムのホテルに飛び込んだ一歩から人生が大きく変わったMさん
  5. アメリカでの洗礼から学んだ「Why Not」の精神で切り開いていったかなさんのインターンシップ・留学体験談

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報をチェック!

PAGE TOP