グローバルコラム

海外で働く・インターンするということは日本代表になることである

世界に出れば誰もが日本代表

「日本代表」と聞くとどのようなイメージを持つだろうか?
ワールドカップやオリンピックを思い浮かべる人が多いのかもしれません。

しかし、一度世界に出てしまえば実は誰もが日本代表なのです。
その理由を説明していきますね。

世界に出れば誰もが日本代表

世界に出れば誰もが日本代表

外国のイメージはどう形成されるのか

あなたは、こんなイメージを持っていたりはしないでしょうか。

  • 「アメリカ人は自分の意見をはっきり言う」
  • 「イタリア人は適当」
  • 「中国人は自分勝手」

などなど・・・。

どれもよく言われていることではあります。
このようなイメージはマスコミ等で作られることも多いのですが、実はたった数人の知り合いから作られることもおおいのです。

例えば、職場にベトナム人の同僚がいて、彼らが毎日まじめに働いていて成果を出していたら、「ベトナム人は勤勉だなぁ」と思うでしょう。
しかし、もし彼らが嘘も多く備品の窃盗などが多かったらどう思うでしょうか?
きっと「ベトナム人は信用出来ない」と思うことでしょう。

このように、ステレオタイプはたった数人の印象によって作られることが多いのです。

日本人として良いイメージを持ってもらおう

今までの海外旅行を思い出してみてください。
あなたはどのような印象を相手に与えてきたでしょう?

  • 「ポイ捨てなどをしないで礼儀正しい」
  • 「やっぱり日本人は英語ができない」
  • 「実はそこまで礼儀正しくない」

など、様々な印象を相手に与えていることでしょう。
それが相手にとっての「日本人」のイメージになることが多いのです。

海外で働くとなると、毎日顔を合わせる同僚、近所の方々を始めとして、とても多くの人と接する機会があります。
そんな時に相手はあなたのことをどう思うのでしょうか?
「◯◯さんはこういう人なんだ」と思うのは当然として、それと同時に「日本人はこういう人なんだ」という印象を持たれるのです。
あなたの行動が、そのまま日本人、そして日本のイメージとなるのです。

人間は単純接触効果といって、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという性質を持っています。
実は外国人は日本のイメージを良くも悪くもあまり持っていない、という事が多くあります。

なんとなく高品質な製品を作れる優秀な人達、という漠然としたイメージだけというケースが多く、そこまで良いイメージを実は持っていなかったりもするのです。
より多くの日本人が世界に出て、「日本人らしく」礼儀正しく振る舞うだけで日本人、日本の印象は良くなっていくでしょう。

あなたも日本代表として、飛び出してみませんか?

関連記事

  1. 夏休みに海外へ飛んでいく飛行機 春休み・夏休み等の長期休暇に海外インターンシップに行くことのメリ…
  2. 休学の疑問、不安点など 休学という選択肢を後悔しないためにすべきこととは!?休学すること…
  3. 海外インターンシップに参加して「自分が望んだ経験ができなかった」と語る人に共通する"ある特徴"とは? 海外インターンシップに参加して「自分が望んだ経験ができなかった」…
  4. 短期インターンシッププログラムをチームで頑張っている まずは短期インターンで一歩踏み出そう!!春休みや夏休みの長期休暇…
  5. キャライズ編集日記Vol.2~人生初の花束贈呈とベトナムで僕が一…
  6. アイセックのインターナショナルな会議 海外インターンプログラムでよく聞く”アイセック(AI…
  7. 海外インターンシップによって就職活動が満足いく結果になった女性 海外インターンシップで就活無双!!就職活動でES、面接を突破する…
  8. 短期インターンシップ、中期インターンシップ、長期インターンシップの特徴 参加理由は人それぞれ。期間別にみた、海外インターンシップの参加理…

特選インタビュー

ホーチミンの像の前に立つ大塚さん 海外インターンで本当に人生が変わった…!短期インターン参加の2年後再び長期インターンでベトナムに戻った男

今回お話をきいたのは、鹿児島大学法文学部経済情報学科4年の大塚圭さんです。大塚さんは、201…

こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!15歳の女子高生がトビタテ留学JAPANを利用して、アフリカの病院に勤務!

今回お話を聞いたのは、河埜 華帆(こうの はなほ)さんです。千葉県に住んでいる、15歳の高校…

求めたのはより”厳しい”環境。ベトナムでの短期インターンシップで、困難を乗り越えて学んだこととは!?

今回は、夏休みを利用してベトナム短期インターンシップ、「グロキャン」に参加をした大学3年生にお話しを…

アフリカに勤務!トビタテ留学JAPANを利用してザンビアとケニアの病院で働いた女子医学生

今回はアフリカ、ケニアとザンビアの病院でインターンシップを経験した医学生を取材しました。なぜアフリカ…

短期海外インターンシップで“スタート地点”へ。北海道の大学1年生が初めて尽くしのインターンシップを通して見据えた未来

今回は大学1年生にしてベトナムでの海外インターンシップを経験した、三浦さんからお話しを聞かせていただ…

後悔しない!海外インターンの選び方

新着インタビュー

  1. 海外インターンはやりたくなかった、から始まるインターンを通じた価値観の変化とは一体?
  2. こんなはずでは・・・3週間の過酷なインターンシップの経験を就職活動に結びつけた体験談
  3. イギリスの物流企業での長期インターンの経験後、日本の企業2社から内定をもらえたキキさん
  4. フィリピン・セブで子ども支援のインターンで学んだこと、そして専門商社から内定を獲得するまで
  5. 社会人になってからベトナムのホテルに飛び込んだ一歩から人生が大きく変わったMさん

Twitterで最新情報をゲット

Facebookはこちら!

PAGE TOP