ピックアップ

海外で働くということは日本代表になることである

世界に出れば誰もが日本代表
世界に出れば誰もが日本代表

世界に出れば誰もが日本代表

「日本代表」と聞くとどのようなイメージを持つだろうか?ワールドカップやオリンピックを思い浮かべる人が多いのかもしれません。しかし、一度世界に出てしまえば実は誰もが日本代表なのです。その理由を説明しましょう。

外国のイメージはどう形成されるのか

あなたは、こんなイメージを持っていたりはしないでしょうか。

「アメリカ人は自分の意見をはっきり言う」「イタリア人は適当」「中国人は自分勝手」などなど・・・。どれもよく言われていることではありますが、このようなイメージはマスコミ等で作られることも多いのですが、実はたった数人の知り合いから作られることもおおいのです。例えば、職場にベトナム人の同僚がいて、彼らが毎日まじめに働いていて成果を出していたら、「ベトナム人は勤勉だなぁ」と思うでしょう。しかし、もし彼らが嘘も多く備品の窃盗などが多かったらどう思うでしょうか?きっと「ベトナム人は信用出来ない」と思うことでしょう。このように、ステレオタイプはたった数人の印象によって作られることが多いのです。

日本人として良いイメージを持ってもらおう

今までの海外旅行を思い出してみてください。あなたはどのような印象を相手に与えてきたでしょう?「ポイ捨てなどをしないで礼儀正しい」「やっぱり日本人は英語ができない」「実はそこまで礼儀正しくない」など、様々な印象を相手に与えていることでしょう。それが相手にとっての「日本人」のイメージになることが多いのです。

海外で働くとなると、毎日顔を合わせる同僚、近所の方々を始めとして、とても多くの人と接する機会があります。そんな時に相手はあなたのことをどう思うのでしょうか?「◯◯さんはこういう人なんだ」と思うのは当然として、それと同時に「日本人はこういう人なんだ」という印象を持たれるのです。あなたの行動が、そのまま日本人、そして日本のイメージとなるのです。

人間は単純接触効果といって、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという性質を持っています。実は外国人は日本のイメージをあまり持っていません。なんとなく高品質な製品を作れる優秀な人達、という漠然としたイメージだけというケースが多く、そこまで良いイメージを実は持っていなかったりもするのです。より多くの日本人が世界に出て、「日本人らしく」礼儀正しく振る舞うだけで日本人、日本の印象は良くなっていくでしょう。あなたも日本代表として、飛び出してみませんか?

関連記事

  1. インドネシアの学校で習字インドネシアの学校で習字を教わる様子を教わる様子 日本語教育は未経験!?京都の女子大生が日本語パートナーズの一員と…
  2. ドイツ国旗 ドイツ留学日記~ビビリな理系大学生が長期留学してみた~
  3. 写真奥、右から2番目が大島さんです。 日本での内定を断り、本当に興味がある海外×教育事業に携わるために…
  4. 森美月さん インターン先のホーチミン支社の立ち上げに奮闘する大学3年生インタ…
  5. 奨学金を利用することでお金と時間を節約 無料でエージェントを利用する方法って!?奨学金を利用して無料で海…
  6. 【期間・目的・種類別】後悔しない海外インターンシップの選び方ガイ…
  7. 「イランは凄く良いところです!」と語ってくれたトビタテ留学JAP…
  8. インターン先はIAEA。国際機関で働くとは!?元文系大学生が理転…

特選インタビュー

ドイツ国旗 ドイツ留学日記~ビビリな理系大学生が長期留学してみた~

みなさん、はじめまして!私は大阪府立大学 生命環境科学域 3年の藤本梓です。今ドイツで長期交換留学中…

こうのさんとこどもたち 中学生で海外スタディツアーからの高校生で海外インターンシップ!15歳の女子高生がトビタテ留学JAPANを利用して、アフリカの病院に勤務!

今回お話を聞いたのは、河埜 華帆(こうの はなほ)さんです。千葉県に住んでいる、15歳の高校…

「イランは凄く良いところです!」と語ってくれたトビタテ留学JAPANを活用してイランで働く女子大生

大学の研修で出会った中東、イラン今回は、中東のイランという地で、語学学校に通いながらインターンシ…

行ってみたら仕事が無かった…ガーナで経験した困難、そしてそこからの挑戦

今回はガーナの村で生活をしながらインターンシップを行っている大学生、梅村さんにお話しを伺いました。…

求めたのはより”厳しい”環境。ベトナムでの短期インターンシップで、困難を乗り越えて学んだこととは!?

今回は、夏休みを利用してベトナム短期インターンシップ、「グロキャン」に参加をした大学3年生にお話しを…

後悔しない!海外インターンの選び方

新着インタビュー

  1. シンガポールでインターンシップをした櫻井さん
  2. インドのバンガロールでインターンシップをした高本さんとその小学校の生徒
  3. 坂田さんと友達の写真
  4. ポンディシェリという元フランス統治下の街に行ったとき
  5. インドネシアの学校で習字インドネシアの学校で習字を教わる様子を教わる様子

Twitter でフォロー

Facebookで最新情報をチェック!

PAGE TOP